【グアム ホテル】ホリデイリゾート&スパ に子連れで3泊4日してわかったこと【レビュー】

ホリデイリゾート グアム ブログ

グアムの島で南国リゾートを満喫してきました!

旅の拠点とも言えるホテルは慎重に決めたいものですよね。

ぼくらが宿泊したホテルはホリデイリゾートだったんですけど、これから宿泊を検討してる方向けに正直なレビューを書いておきます。

ホリデイリゾートの場所・施設情報

チェックイン15:00
チェックアウト12:00
駐車場あり(無料)
総部屋数252部屋
宿泊料金一泊 約9,000円~
対応してるカード・VISA
・JCB
・American Express
・Diner’s Club
・Master Card

グアム国際空港まで車で10分、グアムプラザやTギャラリアなど、ショッピングや食事に出かけるのも徒歩15分圏内なので便利です。

ホテル入口にはタクシーが常駐してるので、小さいお子さんを連れてのお出かけはタクシー移動の方が楽かも。

ホリデイリゾートはグアムのスタンダードホテル

グアム ホテル

ホリデイリゾート&スパ グアムは、いわゆる『普通』のホテル。

めちゃくちゃ高級感があるわけでもないけどやっすいホテルってわけでもないです。

3泊4日の滞在で特に不便だと感じることはなかったですね。

ホリデイリゾート エントランス

グアム ホテル

エントランスはこんな感じ。

開放感があっていいですね!

受付の隣には日本円支払い(紙幣のみ)にも対応してるコンビニがあります。

タイミングがいいと日本人スタッフがコンビニにいるときもあるので、フロントでの英語のコミュニケーションに困ったら通訳もしてくれたりしますよ。

ホリデイリゾート 部屋のレビュー

ホテルレビューを書こうと思ってたのですが、肝心の部屋の写真を撮り忘れてました(笑)

なので、文章で何となく部屋の雰囲気を伝えていきます。

部屋によってはオーシャンビュー

ぼくらが泊まった部屋は5Fのホテルに付随してるプールの目の前だったんですけど、海はしっかり見えました。

ホリデイリゾート グアム 口コミ

滞在中、虹を見ることができました。

もうちょっと上のフロアだったらもっとキレイに見えたかもしれないですね。

ベッドはクイーンサイズが2台

これは部屋によって設定が異なるかもしれませんが、ぼくらが宿泊した部屋にはクイーンサイズのベッドが2台ありました。

大人2人、子ども2人の旅行なら余裕の広さですね。

空調完備は万全

空港に着いてグアムの地に降り立った瞬間から暑さとの闘い。

もうね、グアムはとにかく暑いんですよ。

湿度が高いから日本の暑さの質とちょっと似てるんですけど、日差しは断然グアムの方が強いですね。

妻はビーチで10分〜15分ぐらい砂遊びしてただけで肩が真っ赤に日焼けしてました。

そんな暑さの中、空港からホテルに移動して部屋に入った瞬間の清涼感は格別です。

夜は温度設定を変えないと寒いぐらいでした。

シーツにやや湿り気が…

ぼくが寝てたベッドは気にならなかったんですけど、妻が寝てた方のベッドはやや湿ってる日があったそうです。

睡眠環境を万全にしたい人は敷く用のタオルケットなど用意した方がいいかもしれません。

小さめの冷蔵庫完備

冷蔵庫ももちろん備え付けのものが用意されてます。

ただし、ペットボトルの飲み物を10本ぐらい入れたらいっぱいになるぐらいの大きさなので、ご利用は計画的に。

風呂・トイレ一緒のユニットバス

海外だから当たり前ですが、風呂とトイレは同じです。

あと、ウォシュレットはありません。

大きめのバスタブはありますが、見た目があんまりキレイな感じでもなかったです。

ぼくらは滞在中はシャワーだけで過ごしました。

海外あるあるの「水圧が弱い」とかも特になく、むしろ水圧はちょっと強めな感じだったので問題なしです。

隣の部屋の音は微かに聞こえる

ぼくらの隣には一緒に旅行に行った母が泊まっていましたが、うちの息子が母の部屋に入り浸ってたんですよ。

んで、母の部屋のベッドでジャンプしたり、壁を叩く音は微かに聞こえてきました。

ただ、話し声が丸聞こえとかっていうレベルではないので、普通に生活してる分には気になるほどではなかったです。

母側じゃない方の部屋からはほとんど物音も聞こえてこなかったですしね。

部屋内は完全禁煙

ホリデイリゾート ブログ

グアムは全体的に割と喫煙に厳しいんですけど、ホテルの部屋内は完全に禁煙でした。

ただ、バルコニーなら喫煙OKなので、その点は助かりましたね。

逆にホテル自体に喫煙所みたいなものが見当たらなかったので、バルコニーで吸えなかったらちょっときつかったです。

愛煙家の方がグアムに行くときは、ホテルでの喫煙は事前に確認しておきましょう。

コインランドリーの利用には硬貨が必要

ホテルにコインランドリーがあるので、洋服や水着の洗濯をすることはできます。

ただし、紙幣は使えないので『1ドル分の硬貨=25セント4枚』を用意する必要があるのでご注意ください。

ぼくらは洋服は帰国してから洗濯、水着はどうせ遊べば濡れるから手洗いして部屋で乾燥。

部屋に一晩干しておけばばっちり乾くから安心です。

3泊4日程度ならコインランドリーを使わなくても乗り切れました。

タモンビーチまで徒歩1分!

ホリデイリゾート グアム 子連れ 口コミ

グアムといったらやっぱり海!

ホリデイリゾートは、こんなキレイなビーチまで徒歩1分です。

ホリデイリゾート グアム 海

プールのような透明度の高さ。

海で遊んで疲れたあとにすぐにホテルの部屋に戻れるのはめちゃくちゃ楽ですよ!

海水浴が目的ならホリデイリゾートはおすすめ度高いです。

ホテルでビーチ用のタオルを無料貸出し

ビーチに持っていくタオルは、ホテルで貸してくれます。

ホテル入口のスタッフに「タオルを借りたい」と伝えれば手続きできます。手続きと言っても難しいことはなく、ルーム番号と名前を書くだけ。簡単です。

大判のバスタオルなので、家族でシェアしてもOK。

ぼくらは4人で海に行くのに、ホテルのタオルを2枚借りて行きました。

自前のタオルに砂をつけたくない人は利用することをおすすめします。

ホテルのWi-Fiは使えない

ホリデイリゾート ブログ

ぼくらがグアムに行く前に調べたときは、ホリデイリゾートのWi-Fiは問題なく使えるという口コミを見かけました。

が、残念ながらホテルのWi-Fiは使えませんでした。

たしかにホテル側で用意してる無料Wi-FiをiPhoneが拾うんですけど、設定をいろいろいじってみても繋がりません。

結局、レンタルしていったPocket WiFiで過ごすことに。

ホリデイリゾートから主要のお店までの移動

グアム 風景写真

グアム滞在中の移動手段には

  • レンタカー
  • タクシー
  • 赤いシャトルバス
  • 徒歩

がありますが、ぼくらは『タクシー移動』をメインにしました。

というのも、グアムのタクシーって安いんですよ。

初乗り2.40ドルとかなんで、下手に赤いシャトルバスに乗って大人1人4ドルとか払うよりも、タクシーの方がお得な場合がほとんど。

特にタモンエリアに宿泊してる場合のショッピングなんかはタクシー移動が楽ですね。

ホリデイリゾートは、ホテル入口の車寄せにタクシースタッフが待機してるので、行き先を伝えればすぐに出かけられますよ。

タクシー料金 目安

ぼくらがホリデイリゾートからタクシーで移動したときの実際の料金を目安としてまとめておきます。

Kmart約14ドル
ザ・プラザ(ショッピングモール)約9ドル
グアムプラザ(JPストア近くのホテル)約12ドル

赤いシャトルバス料金

恋人岬を観光したときだけはバスで移動しました。

そのときの料金が、恋人岬のチケット込みで往復大人1人10ドル。

これはちょっと距離があるので、もしかしたらバスの方が安いかもしれません。

徒歩移動の距離

今回の旅では徒歩移動はほとんどしませんでしたが、一番近いABCストアまでで約6分。

おにぎりが美味しいと日本人観光客に定評のある『コンビニ大阪』までは約10分ほどで行けます。

コンビニ大阪のちょっと先に行くと『コーヒービーナリー』という人気のカフェもあります。

タモンの中心地「ザ・プラザ」は歩いて20分ほど(子連れの場合)でした。

ホリデイホテル 口コミまとめ

ホリデイリゾート ブログ

正直な感想としては、可もなく不可もないホテルです。

まあスタンダードホテルなので高級感とかを求めるのはちがいますが、買物にもビーチ遊びにも便利なホテルでした。

ショッピングメインの人はもうちょっとタモンの中心寄りの方が楽かもしれませんね。

グアム旅行記も書いてます

子連れグアム旅行記も書きました。

ぼくらが現地でどんな過ごし方をしていたのか、初めての子連れグアム旅行を検討してる方は、参考にしてみてくださいね。

【グアム旅行記 1日目】ルーツヒルズでアメリカンサイズの肉「トマホーク」を堪能 グアム旅行 子連れ ブログ 【グアム旅行記 2日目】イルカウォッチング最高!Kmartも楽しかった グアム旅行記 子連れ ブログ 【グアム旅行記 3日目】ビーチ遊び、恋人岬、BBQでグアムの海を堪能 グアム 子連れ旅行 ブログ 【グアム旅行記 最終日】大きな虹を見て息子が泣いて。感動のラストデイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA