【グアム旅行記 2日目】イルカウォッチング最高!Kmartも楽しかった

グアム旅行 子連れ ブログ

ハーフア・デイ!

グアム旅行記2日目を書いていきます。

初日のことは【グアム旅行記 1日目】ルーツヒルズでアメリカンサイズの肉「トマホーク」を堪能に書いたので、本記事はこれの続きになります。

グアムの朝はゆったり始まる

グアム旅行 空の写真
グアムの夜明け

2日目の朝はめちゃくちゃ早起きでした。

起床時間なんと朝5時。(日本時間だと4時!)

早起きしようと思ってたわけじゃないんだけど、日本でいつも5時にアラームセットしてて、それを解除するのを忘れてただけなんですけどね。

せっかくだから眠い目をこすって起きてみました。

冒頭の写真を撮影したのが5時20分頃。

街の灯りはあるけどとても静かなグアムの朝。

この30分後にはこんな感じの空になりました。

グアム旅行 空の写真

めちゃくちゃキレイなグラデーション!

こんなちょっとしたことだけどイチイチ感動するんだよなぁ。

日常から離れた異国の地というのは、ときに人を感傷的な気分にしますね。

ここからさらに20分経つと空の青さが強くなってきます。

グアム旅行 空の写真

海に注目して見てほしいんですけど、空の色がしっかり海に反映されています。素敵ですね。

グアム滞在中、毎日海を眺めてたけど全然飽きることはなかったです。

早朝のビーチを散歩

グアム旅行 子連れ 海

早朝は気温は高いけど湿度が日中に比べて低いので、外を歩いていても気持ちよかったです。

水着は着てこなかったから足だけ海に浸けてきました。

日本の海とちがって早朝でも水温がそこそこ温かいからビーチで遊んでる人もちらほら見かけました。

2日目はイルカウォッチング。遭遇率は90%らしいが…

グアム イルカウォッチング

グアムでは定番のアクティビティでもある『イルカウォッチング』をしてきました。

イルカウォッチングはたくさんの会社がツアーを販売していますが、今回ぼくらが申し込んだのはスキューバカンパニーという会社のツアー。

ホテルまで乗り合いの送迎車が迎えに来てくれて、事務所で支払を済ませたら大型バスに乗り換えて海へ。

バスの車内では現地スタッフのガイドさんが、日本語、英語、韓国語を駆使して盛り上げてくれましたよ!

笑いのセンスも抜群で、同じバスに乗っている様々な国籍の人たちの爆笑をとっていました。

グアム イルカウォッチング 口コミ

漁港のような場所に到着。ここでイルカウォッチング用の船に乗り換えます。

グアム イルカウォッチング 口コミ

全員乗り込んだことを確認して、いざ出航!

グアム イルカウォッチング 口コミ

船はゆっくり進みだして沖へと進んでいきます。

しばらくするとスタッフから甲板や2階に上がってもいい指示が出たので、ぼくらは甲板から見ることに。

イルカの遭遇率は90%とかなり高確率ですが、100%ではないってところがちょっと不安ですよね。

ワクワクしながら船から見えるグアム島を眺めていました。

船が豪快に旋回!

しばらくまっすぐ進んでた船が、突然豪快に旋回を始めました。

一瞬死を覚悟しましたが、これはイルカを呼び寄せるためにあえて船を旋回させて波を起こしてるのだと妻が教えてくれました。

人工的に起こした波から表れたイルカの群れ

グアム イルカウォッチング 口コミ
グアム イルカウォッチング 口コミ
グアム イルカウォッチング 口コミ

イルカがめちゃくちゃ近い!

船の後を追いかけてくるようにイルカの群れが泳いでいました。

イルカなんて鴨川シーワールドのイルカショーぐらいでしか見たことないから、自然のイルカをこんな間近で見れて感動です。

イルカを見た後はしばらく海遊び

イルカの群れとバイバイした後は、海にトランポリンを広げて遊んだり、船の後ろについた滑り台で遊ぶ時間を過ごしました。

小さい子どももたくさんいましたが、トランポリンや滑り台ではしゃいでたのは大人の方が圧倒的に多かったです(笑)

うちの子どもたちは船を旋回させたあたりから怖がって動かず。

遊ぶ時間が終了間際になってようやく遊び始めました。

スキューバカンパニー名物『船上腕相撲』

海遊びが終わって港に戻る途中、船の上でスタッフとお客さんが突然腕相撲を始めました。

これも妻から聞いた話なんですけど、このスタッフと客の腕相撲はスキューバカンパニーの名物になってるそうです。

見るからにめちゃくちゃ強そうな腕をしているスタッフ。

最初の対戦相手は1mmも動かせないまま負けてました。

挑戦者を求むスタッフ。

どうせいかないだろうなと思いつつも息子に挑戦を促してみたら、何と自分の足で向かっていきました!

引っ込み思案で目立つことが苦手な息子が、たくさんの人が見てる舞台に上がるなんて。

これもグアムの空気がそうさせてくれたんですよね。

それでは息子の勇姿をご覧ください。

グアム イルカウォッチング 口コミ

勝ちました!息子がめちゃくちゃ強そうなスタッフに圧勝しました!

拍手喝采!照れながらも嬉しそうに戻ってくる息子。みんな温かいなぁ。

お土産にお弁当を貰って解散

イルカウォッチングと海遊びをして、最後にチキンカツ弁当みたいなお弁当を貰って解散。

帰りは大型バスのままホテルまで送ってくれました。

楽しかったー!

参考 イルカウォッチングスキューバカンパニー公式サイト

Kmart(ケイマート)でお土産ショッピング

部屋に戻ってお土産にもらったお弁当を食べた後は、日本で言うところのコストコ的なお店『Kmart』に買物に行きました。

ホリデイリゾートとKmartの位置関係はこちら。

現地の人によると、ぼくらが泊まったホリデイリゾートからは徒歩で10分~15分ぐらいとのことですが、小さい子どもを連れて灼熱の炎天下を歩くのはきつすぎるからタクシー移動。

グアムのタクシーは初乗り2ドルぐらいなので、体力に自信がない人や小さい子どもを連れていく場合は活用することをおすすめします。

グアム Kmart 口コミ
kmart店内の様子

食料品、日用品、お土産、おもちゃ、洋服など、かなり広い店内を1時間ちょっとかけて見てきました。

妻が目当てのクレストの歯磨き粉も買えたし、その他お土産や、子どもたちのおもちゃも買えて大満足。

息子は海外版ベイブレード、娘はユニコーンの人形をそれぞれ買ってました。

グアムのトイレであった怖い話

kmartで娘をトイレに連れていったんですけど、全然知らない外人に突然英語でまくしたてられました。

要約すると

「お前はホントにこの子の父親か?」

的な感じ。

この外人とは片言の英語で話して納得してくれたうえにちょっと仲良くなったからよかったけど、変に通報されたりしなくてよかった…。

注意
グアムでは性的虐待や性犯罪に対しての周囲の目が厳しいから、父親が娘をトイレに連れていってるだけで怪しまれるという話は事前に聞いてたんですけど、まさか自分がそんな目に会うとは思ってもいませんでした。

ディナーはアベニュー(Avenue Steak & Lobster)

グアム アベニュー 口コミ
活ロブスターの刺身

グアム2日目のディナーは、ザ・プラザ内にある『アベニュー』というお店でロブスターを食べました。

初めてロブスターを刺身で食べたんですけど、めちゃくちゃ美味い!

伊勢海老と同じような感じで身がぷりっぷりなんですよ。

ただ、欲を言えばもう少し大きめに身を切ってほしかったなぁ。

グアム ロブスター 口コミ
ニューヨークステーキとロブスターテール

肉とシーフードのコンビネーション。

左にあるかき揚げみたいなやつの下に分厚いフィレステーキが隠れてます。

美味かった!

ホリデイリゾートとザ・プラザの位置関係はこちら。

タモンの街を歩きながらホテルへ

グアム 子連れ 口コミ

グアムのロブスターを堪能した後は、街ブラしながらホテルに戻りました。

ABCストアに寄ったり

グアム 子連れ 口コミ

イルカのオブジェ眺めたり

グアム 美味しいアイス

アイス食べたり。

ここのアイス屋さんはザ・プラザのアウトリガーホテル側にありました。

もうちょっとふわっとしたかき氷を想像してたんですけど、ちょっと想像とはちがった食感。

割と硬めのかき氷でした。

こんな感じで2日目終了。

次は【グアム旅行 3日目】ビーチ遊、恋人岬、BBQでグアムの海を堪能に続きます。

関連記事

4日間に渡ってお届けしている【グアム旅行記】の、他の日の記事はこちらから見れます。

グアム旅行記 1日目

【グアム旅行記 1日目】ルーツヒルズでアメリカンサイズの肉「トマホーク」を堪能

グアム旅行記 3日目

グアム旅行記 子連れ ブログ 【グアム旅行記 3日目】ビーチ遊び、恋人岬、BBQでグアムの海を堪能

グアム旅行記 最終日

グアム 子連れ旅行 ブログ 【グアム旅行記 最終日】大きな虹を見て息子が泣いて。感動のラストデイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA